1. TOP > 
  2. 転職役立ちコラム > 
  3. 転職をお考えの保育士必見!転職活動の流れとは?!

転職をお考えの保育士必見!転職活動の流れとは?!

はじめに

保育士の方で職場の人間関係がよくない、キャリアアップしたい…などの理由で転職を考えること、あると思います。
ただ、転職活動の流れをおさえておかないと、うまく転職先を見つけるのは難しいです。

そこで、ここでは保育士が転職する際の流れについて解説したいと思います。
今より好条件の職場を見つけていただくための参考にしてみてください。

転職活動を行う前にすべきこと

保育士がさまざまな理由で転職を考える時、まずやっておくべきことはどのようなことなのか、見てみましょう。

転職活動を行う前にすべきことはなぜ転職したいのかはっきりさせることです。
仕事を辞めたい、転職したい理由がはっきりしていないと、転職先に何を求めるのか明確にならないため、転職活動をスムーズに進めることが不可能です。

さらに、転職先に求めるものの優先順位をつけにくいため、転職後のミスマッチが起こる可能性もあります。
そのため、転職活動を始める前に、今の職場で何が不満なのか、どういう職場へ転職したいか…などを紙に書き出してみましょう。

転職したい理由を書き出したら、優先順位をつけていけば転職活動をスムーズに始められるはずですよ。

保育士の転職活動の流れ

では、保育士の転職活動の流れについて順番に見ていきましょう。

①求人情報を収集する

保育士が転職活動を進める上でまずやるべきことはできるだけ多くの求人情報を収集することでしょう。
ただ、人気のある求人はあっという間に締め切られてしまうため、気になるものがあればすぐに行動に移すべきです。

また、少しでもいい条件の求人を集めるためにもこまめにチェックし、常に最新の情報を見ておくことが重要です。

一般的に保育士の求人情報を集める方法は転職サイトやハローワークがありますが、転職エージェントなら非公開求人を紹介してくれたり、キャリアアドバイザーが相談に乗ってくれるためおすすめです。
転職エージェントに登録すると担当のキャリアアドバイザーからメールや電話がかかってくるため、希望する条件を伝えればそれに合った求人を探してくれるため1人で転職活動を行うより効率的です。

また、転職サイトや転職エージェントならちょっとしたスキマ時間にスマホやパソコンで求人を探せるため、仕事をしながら転職活動する場合も便利ですね。

②気になる求人が見つかったら見学を申し込む

転職サイトや転職エージェントで気になる求人が見つかったら、ぜひ見学を申し込みましょう。

職場の雰囲気を知るには実際に見学に行くのがおすすめです。
求人票を見ただけではその職場の人間関係や雰囲気、子どもの様子などを知ることができません。
ぜひ、積極的に見学に行き園の様子をチェックしましょう。

もちろん、直接園に見学を申し込むことも可能ですが、転職サイトや転職エージェントにお願いすることもできます。

③履歴書作成

気になる園へ見学に行き応募を決めたら、履歴書を作成していきます。
最近はWEB上で履歴書作成、送付が可能となりましたが、内容については一般の履歴書と同様です。

履歴書作成のポイントは自己PRや志望動機を記載する際、応募先の保育園の方針や理念などをチェックし、その内容に合ったものを書くことです。
漠然とした内容だとどの保育園にも当てはまるようなありきたりの内容になってしまうため、書類選考で落とされてしまう可能性が高いです。
それぞれの園についてきちんと調べた上で具体的な内容を書くことが重要なんですね。

もちろん、複数の園に応募する際、それぞれ内容は違うものにすべきです。

④面接準備

履歴書を送信、送付したら、面接の準備を始めましょう。
「書類選考に通過してからでいいのでは?」と思うでしょうが、いつ連絡が来ても対応できるよう面接のシュミレーションをしておくべきです。

もし、4月から新しい職場で働きたい場合、新卒の方と時期が重なります。
そのため、保育士として積んできた経験をアピールするといいでしょう。
ほとんどの場合、面接で履歴書に記載した自己PRや志望動機について深く聞かれるはずです。
前もってどのような質問をされるか予想しておき、それに合った答えを用意しておきましょう。

もちろん、漠然とした答えではなく具体的な自分が過去に経験したエピソードを混じえた答えだと、面接担当者の印象に残りやすいでしょう。

⑤内定

書類選考→面接後内定の連絡があったら、待遇や給与面などを確認しましょう。

求人で記載されていた条件や内容と違っていないかチェックし、聞きたいことがあれば質問し条件交渉を行います。
ほとんどの方は内定をもらってすぐに条件の交渉をすれば転職先に悪いイメージを与えるのではと心配されるようです。
ですが、なんの交渉もせず決めてしまうと転職先はあなたが納得した、条件を飲んだと捉えるはずです。

働き始めた後で条件の交渉をするのは非常に難しいため、働き出す前に確認、交渉することが重要なんですね。

⑥退職準備

希望する応募先から内定をもらったら、退職準備を始めましょう。

周りの人に迷惑にならないよう円満退職を目指しましょう。
勤務先の決まりに沿って手続きを進めます。
と同時に転職先へはいつから働くことができるのか伝える必要があるため、退職準備と並行し入職の準備も行います。

同時に進めるのは非常にハードですが、新しい生活に向け前向きな気持ちで進めましょう!

保育士専門の転職エージェントの活用を!

転職後も保育士として働きたい方は転職エージェントの中でも保育士に特化したものを活用すべきです。
保育士に特化した転職エージェントとは保育業界の情報を大量に持ったプロが条件に合った転職先を探してくれる上、転職後のサポート体制も万全です。

また、保育士専門の転職エージェントなら非公開求人を紹介してくれるのもメリットです。
非公開求人とは一般に公開されていない求人のことで、転職エージェントしか情報を持っていません。
非公開求人に応募できるのは転職活動を行う上で非常にメリットになるでしょう。

また、保育士専門の転職エージェントに登録すると、ユーザーそれぞれに専任のキャリアアドバイザーがつくのもメリットです。
もちろん、保育士に特化している転職エージェントですので、キャリアアドバイザーは保育業界や保育士の転職状況に詳しい人ばかりです。
キャリアアドバイザーは大量の情報の中からあなたに最も合った求人を探し紹介してくれるはずです。
さらに、あなたのスキルや経験、知識を把握した上で、求人情報だけでは分かりづらい職場の環境や雰囲気なども伝えてくれるでしょう。

気になる求人が見つかれば応募手続きや園への見学希望、日程調整、条件面の交渉なども代わりに行ってくれます。
転職をお考えの保育士の方のために、転職活動の流れについて解説しました。
できれば、年度途中で退職するのは周りに非常に迷惑になるため避けましょう。

また、退職の意思を伝えるのは最低でも3ヶ月前くらいがベストです。
今の職場でストレスが多く肉体的にハードであっても、転職後待遇面や給与面が向上したり、ストレスが軽減する可能性があります。
この先ずっと保育士として働き続けるためにも、転職活動の流れをおさえた上で保育士に特化した転職エージェントの利用をおすすめします!

そうすればきっと、理想の転職先が見つかるはずですよ!

保育JOYは、関東エリアに特化した保育専門の転職サイトです。
保育業界出身のコーディネーターが最適な求人のご提案をさせて頂きます。
お気軽にお電話もしくはメールにてご連絡下さい。