1. TOP > 
  2. 転職役立ちコラム > 
  3. 男性保育士の現状や魅力とは?働く際の注意点についても解説!

男性保育士の現状や魅力とは?働く際の注意点についても解説!

はじめに

保育士は女性の仕事というイメージが強いです。
ですが、最近は男性保育士の数が増えており、保育士を目指す男性が多いのも事実です。
そこで、ここでは男性保育士の現状や魅力、働く際に注意すべきことなどをまとめてみます。

保育士を目指す男性のお役に立てば幸いです!

男性保育士の現状

ひと昔前まで、保育士は保母さんと呼ばれており、保育士を目指す男性はほとんどいませんでしたが、男女雇用機会均等法の制定により保父という呼び名が生まれ、その後保育士という名称ができました。

ただ、男性保育士の割合はまだ保育士全体の1割程度だそうです。
女性が占める割合が多いのは変わりませんが、保育士を目指す男性が増えているのは事実です。

男性保育士の需要

では、男性保育士の需要はどうなんでしょうか?

男性保育士が増えた理由は男女雇用機会均等法の制定だけでなく、保育の現場で男性保育士の需要が高まったからだと考えます。
保育の現場は体力を要し力の必要な業務も多いです。
そのため、女性ばかりでなく男性がいると安心、助かる場面が多いです。

保育士不足が叫ばれる中、女性保育士だけでなく男性保育士が働きやすいよう環境を整備し、保育士を目指す男性を増やそうとさまざまな取組が行われています。
保育業界は女性がほとんどの割合を占めていますが、男性保育士が働く環境を改善するべくさまざまなプランが推し進められています。
たとえば、男性保育士を複数配置する、保育所の施設、設備の充実…などですね。

さらに、行政は男性保育士への理解についても促進すると発表しています。

男性保育士が増えれば、女性ばかりだった保育の現場が活性化するため、子どもや保護者にとってもメリットが多いです。
また、女性保育士にとっても新たな発見があったりとメリットがあると考えます。

男性が保育士として働く魅力

では、具体的が保育士として働く魅力を見てみましょう。

①子どもたちに人気がある

子どももある程度大きくなると動きも活発になり、力も強くなります。
園庭で遊ぶ時も女性保育士でなく男性保育士の方が遊び相手にぴったりかもしれません。

たとえば、鬼ごっこやかくれんぼなど、体力を要する遊をする場合、子どもにとって男性保育士の方が人気があることが多いです。
また、男の子の気持ちは女性より男性の方が理解できるため、ケンカが起こったり、悩みごとがある場合も気持ちを聞いてあげることができます。

保育園には男女いずれの子どもも預かるため、女性の保育士だけでなく男性保育士がいる方が何かとメリットが多いのは当然ですね。

②男性保護者の力になれる

また、最近は共働き家庭が増えているため、夫婦が協力しあい子育てしているケースが多いです。
そのため、子育てについて悩む父親にとって、女性保育士は相談しづらいのも事実です。

ですが、男性保育士がいれば同性ということで気軽に相談することができます。

中には男手1つでお子さんを育てている家庭もあるでしょう。
女性保育士には話せない悩みも、男性保育士なら話しやすいはずです。
今後、ますます男性保育士の需要が高まると予想されます。

③得意分野が活かせる

男女で得意なこと、苦手なことは違っています。

男性保育士は男性の得意分野が活かせる仕事だと言えます。
たとえば、車の運転や機械、力仕事…など、苦手な女性は多いです。
また、散歩や遠足の時など男の子がトイレに行きたくなっても、女性保育士が男性トイレに入ることはできません。
男性保育士がいれば、そんな時も助かります。

また、男の子を育てたことがない女性保育士にとって、男の子のトイレトレーニングは難しいですが、男性保育士なら同性なのでスムーズに行えたりします。

④園にとっても防犯面で安心できる

男性保育士の存在は園側にとってもメリットが多いです。

たとえば、女性保育士だけの園だと防犯面で不安があります。
不審者が急に入ってきても、女性ばかりだと子どもたちを守ることができるか不安がありますが、男性保育士がいれば安心です。
保護者から見ても女性保育士ばかりの園より、男性保育士が1人でもいた方が心強いのは間違いありません。

男性保育士が働く際の注意点

男性保育士の魅力について見てきましたが、働く際の注意点ってあるんでしょうか?

①マイナス面があることを理解しておく

男性保育士が女性保育士より優れた部分があるいっぽうで、マイナス面があることも事実です。
それを理解した上で働くことが重要ですね。
たとえば、男性より女性の方が細かいことに気づくことができますし、細かい作業についても女性の方が優れていることが多いです。
これは生まれもった男女差で、努力によってカバーできない部分です。

そのため、女性の方が優れている部分があることを認め、男性のマイナス面について意識を持って保育業務に当たるべきです。

できないことは素直に女性保育士にお願いし、不得意なりにどうすればいいのか考えることが大切ですね。

② 色々な考え方の保護者がいると理解する

保護者の中には子どもを預けるなら女性保育士にという人がいるのも事実です。
たとえば、保育の仕事はおむつ交換や着替え、トイレのサポート…など、子どもの体に触れる場面が多いです。

実際に、男性保育士が事件を起こしていることなどを考慮すると、男性保育士に自分の子どもを預けたくないという気持ちも分かります。
さまざまな考え方の保護者がいることを理解した上で仕事をするべきです。

③身だしなみに気をつける

男性保育士だけに限ったことではないですが、身だしなみには十分気をつけましょう。
もちろん、ひげが伸びたままだったり、ボサボサの髪の毛のまま、汚れた服のまま…などで保育の仕事をするのはNGです。
清潔感に気をつけ保育業務に当たりましょう。

④ていねいなコミュニケーションを

男性保育士として働く際、保護者が不安にならずに済むようていねいなコミュニケーションを行うことで信頼関係を築きましょう。

保護者への連絡帳でのやり取りだけでなく、送迎の際のちょっとした会話でも細かな心配りが大切です。
たとえば、言葉遣いに気を付けたり、目を見て笑顔であいさつしたり、お子さんの様子をていねいに伝えたり…など、保育士として基本をおさえたコミュニケーションが重要です。

これらのことをおさえておけば、しっかりと自分子どもを見てくれている、信頼ができる保育士さんだと伝わり、信頼関係を築くことができるでしょう。


女性保育士とも積極的にコミュニケーションを取りましょう。

男性保育士の多くが女性保育士との関わり方に悩んでいるそうです。
保育士同士連携が取れないと業務に支障をきたすこともあるでしょう。
解決法としては自分から積極的にコミュニケーションを取ること。
笑顔であいさつし、話しかけるようにしましょう。
女性保育士にとっても、男性ということでどう話しかけたらいいのか困っているかもしれません。

積極的に自分から話しかければいい関係が築けるかもしれませんよ。

男性保育士の魅力や需要、働く際の注意点についても解説しました。

男性保育士が増えたとは言え、まだまだ女性が占める割合の多い職場です。
そのため、1人で思い悩んでいる男性保育士も多いと思います。
子どもが好きで子どもに関わる仕事がしたいと思うなら、男性というだけで保育士への夢を諦めないでほしいです。

子どもたちから人気いっぱいの男性保育士を目指してみてくださいね!

保育JOYは、関東エリアに特化した保育専門の転職サイトです。
保育業界出身のコーディネーターが最適な求人のご提案をさせて頂きます。
お気軽にお電話もしくはメールにてご連絡下さい。