1. TOP > 
  2. 転職役立ちコラム > 
  3. 院内保育所の特徴とは?院内保育で働く魅力や選び方についても解説します!

院内保育所の特徴とは?院内保育で働く魅力や選び方についても解説します!

はじめに

みなさんは院内保育ってご存知でしょうか?
院内保育の最大の特長は利用者が医師や看護師など病院で働いている人であることで、一般の保護者ではありません。
そのため、働く側も一般の保育園とは違う勤務形態や業務内容が要求されます。

ここでは院内保育の特徴や院内保育の特徴や働く魅力、選び方についても詳しく解説します。

院内保育とは

そもそも、院内保育ってどのようなものなんでしょうか?

医療機関で働く医師や看護師は24時間患者さんを診なくてはならないため、勤務時間が不規則です。
さらに、急患が運ばれてきたり、急に出勤しなければならないこともあります。
そのため、出勤するため子どもを預けるのに利用するのが院内保育なんですね。

一般の保育園だと朝~夕方まで子どもを預かるケースがほとんどで、それ以降は延長保育となります。
延長保育が何時までなのかは保育園によって違っています。
ですが、医療機関で働く人は仕事が急に入ってしまい子どもを夜中まで預けなければいけないこともあるため、各医療機関が独自に保育所を設けているわけです。

利用者からすれば、自分の勤務先に保育所があることで安心して仕事に集中できますし、時間を気にせずお世話をしてもらえるのがメリットです。
しかも、最近は一定の基準を満たせば補助金が受けられるため小規模の医療機関でも院内保育を設けるところが増えています。

院内保育の仕事内容

では、院内保育の仕事内容とはどのようなものなのでしょうか?

院内保育で働く保育士の主な仕事は子どもたちの年齢に合わせお世話をします。
たとえば、 食事や着替え、排せつなどのサポートや園庭がない場合は近所の公園などに連れて行き遊ばせる場合もあります。

夜間の保育では夕食を食べさせたり、子どもたちが安心して保護者を待っていられるようお世話をしたり、寝かしつけを行ったりもします。

院内保育の特徴

院内保育の特徴は利用者が限定されていること、利用者の出勤状況によりお世話する子どもが変わるため対象人数が少ないことです。
なお、保育の内容は一般の保育園とほとんど同じですが、園庭がないなど環境面で大きな違いがあります。

また、夜間当直で働く医師や看護師が安心できるよう夜間のお預かりも行っています。
そのため、院内保育で働く保育士も早朝や夜勤、当直などがあるため、一般の保育所で働く場合と勤務体制が大きく違うことを頭に入れておきましょう。

院内保育で働く魅力

では次に、院内保育で働く魅力についてご紹介します。

①大きなイベントや行事がない

一般の保育園では年間を通じてさまざまな行事が行われますが、院内保育では大きなイベントや行事はほとんどありません。
保育士の主な仕事に年間行事の計画、実行があり、これらに携わることで子どもの成長を実感できやりがいを感じられるのも事実です。

ですが、行事やイベントが多すぎるとその準備や練習に時間を取られてしまい子どもとゆったり関わる時間が少なくなったり、残業や持ち帰りがあったりします。
院内保育は一般の保育園より規模が小さいためイベントや行事も小規模です。
保護者も勤務時間がさまざまで行事の日程を取るのが難しく、保護者が参加する行事を全く行っていない院内保育所も多いです。

保育士にとって行事やイベントの準備や練習時間を取る必要がないため肉体的、精神的負担が非常に少なくて済み、お子さんをゆったりとお世話できるのは魅力です。

②給与や福利厚生など待遇がいい

院内保育所の運営母体は医療機関なので、給与や福利厚生が一般の保育園より充実しています。

院内保育所は1つの医療機関で働く保護者を対象にしているため、受け入れる子どもの人数が非常に少ないです。
そのため、一般の保育所と比べゆったりと1人1人のお子さんと向き合い保育することが可能です。
それぞれの子どもが好きな遊びをじっくりと楽しんだり、近くの公園へ行って外遊びをさせたりします。
時間に追われることなく子どものペースに合わせてゆったりと過ごすことができるため、肉体的にも負担が少ないです。

また、院内保育所は計画保育がほとんどないため、一般の保育園と比べ事務作業が非常に少ないのも魅力です。
一般の保育園だと事務作業に追われ子どもとゆっくり向き合うことが難しいですが、事務作業が少ない分保育にかける時間を多く取れます。

③持ち帰りや残業がほとんどない

上で申しました通り、院内保育はイベントや行事がほとんどないため残業や持ち帰りがほとんどありません。
残業があったとしても、固定残業制の場合がほとんどのようです。もちろん、残業代はつきますし、固定の時間から超過した分は支払ってもらえます。
早朝や夜勤手当もつくため安心して仕事ができますね。

保育計画も一般の保育園と比較して多くないため、持ち帰りの仕事もないことが多いです。
ただ、それぞれの院内保育所によって違うため、応募する際にしっかりと調べておきましょう。

院内保育所を選ぶ時のポイント

ここまで見てみると、院内保育所は保育士にとって魅力ある職場だということがお分かりいただけたと思います。
では、院内保育所で働きたい場合、どういう点に気をつけて選べばいいのでしょうか?

①大きな医療機関の小規模な院内保育所を

院内保育所で働きたいとなった時、給与や待遇などを重視したいならなるべく大きな医療機関の院内保育所を選ぶといいでしょう。
ただ、大規模な病院ならどこでもいいというわけではなく、保育園か託児所かどちらに近いのか見極める必要があります。

大きな院内保育所だと一般の保育園と変わらないこともあるため、小規模な院内保育所を選ぶといいでしょう。

②優先順位をしっかりと

院内保育所で夜勤をすれば、夜勤手当がつきます。
目安としては1回当たり5,000円程度となり、日勤の1.5倍といった感じでしょうか。

もし、体力に自信があり収入面を重視するなら夜勤が多いところを選ぶのがポイントです。
ただ、体力に自信がない方が頻繁に夜勤に入るのはつらいです。
体調を壊し仕事が続けられないと意味がないため、自分にとって優先順位は何かしっかりと考えた上で選びましょう。

③可能であれば見学を

院内保育で働きたいと思い応募する際、可能であれば見学させてもらいましょう。
見学の際は施設の規模や保育士、子どもの数、それぞれの表情や様子…など、確認しておくといいでしょう。

ほかにも、日勤と夜勤が連続していないかどうか、残業は多いか、休憩時間はしっかりと取れるのか…なども確認しておきたいところです。

④運営会社はどこか

医療機関が院内保育所を直接運営せず、運営会社に委託して運営しているところも増えています。
そのため、異動があるかどうかも前もって確認しておきましょう。

また、場合によっては最小限の保育士で運営している院内保育所もあるようです。
後でミスマッチが起こらないよう、前もって自分の条件に合う院内保育所かどうかチェックしておきましょう。
院内保育所は一般の保育園とは違う特徴や魅力のある仕事です。
少人数のお子さんをゆったりと保育できる環境で働きたい方に最適な職場です。

ただ、院内保育所へ転職する際、選び方を間違うと後悔することになりかねません。
ここでお教えしたポイントをおさえていただき、自分に合った働きやすい院内保育所を選んでいただければと思います。

魅力ある院内保育の仕事。
興味のある方はぜひチャレンジしてみてくださいね!

保育JOYは、関東エリアに特化した保育専門の転職サイトです。
保育業界出身のコーディネーターが最適な求人のご提案をさせて頂きます。
お気軽にお電話もしくはメールにてご連絡下さい。