1. TOP > 
  2. 転職役立ちコラム > 
  3. 保育ママ(家庭福祉員)とは?どうすればなれるの?

保育ママ(家庭福祉員)とは?どうすればなれるの?

はじめに

保育士だけでなく子どもと関わる仕事はさまざまで、最近注目されているのが家庭福祉員という仕事です。
保育ママとも呼ばれる家庭福祉員の仕事は自宅でお子さんを預かりアットホームな環境の中で保育できる魅力的な仕事で、保育士資格を持つ主婦に人気です。
わが国では待機児童問題や保育士の人材不足などが深刻化しており、保育ママの存在が注目されつつあります。

そんな保育ママの魅力やどうすればなれるのかなど、詳しく解説します!

保育ママ制度とは?

そもそも保育ママ制度とは何かというと、保育園の最も小さな規模のかたちと言ってよく、3歳未満のお子さんを3人まで預かる仕組みです。
保育ママは家庭福祉員、家庭的保育者とも呼ばれており自治体から認定を受けなければ運営することができません。

保育ママの最大の魅力はアットホームな環境の中できめ細やかな保育ができることで、2010年児童福祉法の改定によって始まりました。
この改定により、子育て支援の充実や保育サービスの普及が促進されつつあります。

ただ、保育ママ制度は全国全ての自治体で行われているわけではありません。
お住まいの自治体が行っているかどうか確認した上で保育ママを目指しましょう。

保育士やベビーシッターとの違いとは

保育ママは保育士やベビーシッターとどう違うのでしょうか?

保育士は保育施設で子どものお世話をする仕事で、ベビーシッターはお子さんの自宅を訪問し12歳までの子どものお世話をする仕事です。

いっぽうで、保育ママは自宅で3歳までのお子さんを預かりお世話をする点が違っています。
また、保育園は集団でお子さんを保育しますが、保育ママは3人までの保育と決まっており、少人数制という点が違っています。

保育ママの魅力

では、保育ママとして働く魅力にはどのようなものがあるのか、見ていくことにしましょう。

①補助金などのサポートがある

全国ほとんどの自治体で保育ママは公的制度となっており、補助金が受けられるのがメリットです。
目安としては運営補助として月額7~8.5万円が支給されると決まっています。

また、地域によって自宅をお子さんを預かるためにかかる改装費用を補助してくれる自治体もあります。
預かる子どもの募集については各自治体が行ってくれますし、提携保育園の連携や保育ママがスキルアップするための研修を行う自治体もあるため、保育ママを目指す方のための環境が整っています。

② きめ細やかな保育が行える

保育ママは自宅で少人数のお子さんを預かるため、アットホームな環境の中で1人1人のお子さんにきめ細やかなお世話ができるのが魅力です。
お世話するお子さんは3歳未満となっており、 心身ともに成長や発達に大きな個人差があります。

保育ママならこの大切な時期にそれぞれのお子さんに合わせたサポートができるでしょう。

③保護者との信頼関係を築きやすい

保育園とは違い、保育ママは少人数のお子さんを保育するため関わる保護者の数も少ないです。
そのため、それぞれの保護者とコミュニケーションを取りやすく信頼関係を築きやすいのも魅力です。

保育園などでは多くの保護者と関わるため、ちょっとしたコミュニケーションの行き違いからトラブルになることがあったり、情報交換などがしづらいです。
ですが、保護者の数が少ない分きめ細やかなコミュニケーションが可能です。

④通勤時間や準備の時間が必要ない

保育ママの魅力に通勤の必要がないというのがあります。
通勤の必要がないと、出かけるための準備の必要もないのもうれしいです。
通勤時間や準備の時間を家事などプライベートの時間に充てることができるのは主婦にとってありがたいですよね。

⑤人間関係のトラブルが少ない

保育ママなら自分1人で保育をするため、他の保育士と一緒に仕事をするわけでないので、人間関係のトラブルがありません。

保育ママになるには

保育ママは魅力ややりがいの大きい仕事だということが分かりました。

では、保育ママになるにはどうすればいいのでしょうか?
まず、保育ママになるには自治体から認定を受けなければならないと決められています。
主な条件は次のとおりです

・25~65歳までで育児経験がある
・未就学児がいない
・保育士、看護師、教員、助産師、保健師などの資格を有する
・看護や介護の必要のある親族がいない
・ペットを飼っていない
・月曜~土曜の8~18時まで保育ができる
・自宅1階部分に6畳以上の部屋がある

などがありますが、各自治体によって条件や資格が違うためお住まいの自治体はどうか調べてみましょう。

ただ、ほとんどの自治体で保育士や助産師、看護師…など、子どもと関わりのある資格がある人、保育経験がある人という条件です。
資格がない方が保育ママを目指す場合、各自治体で研修を行いさまざまな保育の専門知識を得た上で認定するという流れです。

もちろん、大切なお子さんを預かるため、お子さんが遊べるスペースを確保しているかどうかも重要です。

保育ママとして働く上での注意点

上でご紹介した資格や条件を満たし自治体から認定を受けることができれば、保育ママとして働くことができます。

では、どういう点に注意すれば保育ママとして活躍することができるのでしょうか?
子どもを保育するという仕事に就いている人は、みな共通して心得ておきたいことがあります。また保育ママとしても心得ておきたいことをあげてみます。

①自分とお子さんの健康管理を徹底する

大切なお子さんを預かる上で最も重要なのは健康管理です。
安全で健康に過ごせるよう環境づくりを行わなければなりません。
そのためにも、自分自身の健康管理を徹底し笑顔で元気に過ごせるよう心がけましょう。

②清潔感ある身だしなみ

小さなお子さんと日々関わる保育ママにとって、清潔感は重要です。
長い髪は一つにまとめる、爪は短く切る、メイクは薄く、衣服は常に清潔なものを…など、常に清潔感を心がけましょう。

③個人情報を漏らさない

保育ママが関わる家庭の数は少ないため、それぞれの家庭の事情の深い部分まで把握するかもしれません。
ですが、第三者にお子さんのことや家庭の事情を話すのはNGです。
深く考えずに話したことも、後で大きなトラブルに発展するかもしれません。
大人としての常識を持ちプライバシーに関わることは口外しないことが大切です。

④個人事業主としての自覚を持つ

保育ママのほとんどは個人事業主として運営していくと思います。
保育士とは違い、誰かが事務をやってくれるわけでなく、自分で全て行わなくてはなりません。
たとえば、国民年金や国民健康保険への加入や万が一に備え賠償保険への加入…なども自分で行います。

なお、保育ママを開業する際は自治体へ届け出の必要がありますが、税務署へ開業届を出す必要があります。
また、確定申告が必要になる場合はその手続きも行わなければなりません。
保護者からの保育料、自治体からの助成金などを考えると確定申告は必ず行う必要があるでしょう。
つまり、保育ママとして働くためには保育の知識やスキル以外に個人事業主として学ばなければならないわけですね。
保育ママの魅力やどうすればなれるのか、注意点などについても解説しました。

2010年より創設された新しい保育ママ制度。
自治体からさまざまなサポートが受けられ将来性の高い仕事です。
「きめ細やかな保育がしたい」「子育て経験を活かしたい」という方はぜひ、保育ママにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

保育JOYは、関東エリアに特化した保育専門の転職サイトです。
保育業界出身のコーディネーターが最適な求人のご提案をさせて頂きます。
お気軽にお電話もしくはメールにてご連絡下さい。