1. TOP > 
  2. 転職役立ちコラム > 
  3. 病児保育士って何?活躍の場や働くメリットなどを解説!

病児保育士って何?活躍の場や働くメリットなどを解説!

はじめに

子どもが病気になると、幼稚園や保育園に預けることができません。
そんな時、助かるのが病児保育士の存在です。
ただ、病児保育士の活躍の場やどのような魅力があるのかなど知らない方がほとんどだと思います。

そこで、ここでは病児保育士とは何か?活躍の場や働くメリットや魅力についても解説します。

病児保育士とは

幼稚園や保育園は大勢のお子さんが集団生活を送っているため、発熱など病気のお子さんを預かることができません。

しかし、さまざまな事情で仕事に出なければならない保護者の方が多いのも事実です。
そんな時に助かる存在が病児保育で、最近利用方が増えており重要は高まるばかりです。

病児保育の種類

病児保育には次の2つの種類があります。

施設型は保育園や医療機関などに併設されていることが多く、一般の保育園のように保護者が預けに来る施設です。
施設ではさまざまな病気のお子さんがいますが、感染しないよう十分に管理されています。

いっぽうで、訪問型の方は病児保育士が病気のお子さんのお宅を訪問し保護者の代わりに保育します。
感染症や高熱などで外に出られないお子さんが対象で、保護者が帰宅するまでお子さんの体調に配慮しながら保育を行います。

病児保育士がおすすめの理由

最近、病児保育士を目指す方が増えていますが、どういう点がおすすめなのでしょうか?
そもそも、病児保育は一般の保育と違い少人数のお子さんを保育するため、きめ細やかな保育が行えます。
大勢のお子さんを預かる集団保育の場合、お子さんひとりひとりとコミュニケーションを取るのが難しいですが、少人数だとしっかりとお子さんと向き合うことができます。

また、病児保育士はお子さんの病気という緊急事態を助ける役割があり、日ごろの生活とは違う状況の中でお子さんだけでなくその保護者の生活をサポートできるというやりがいを感じることができます。

病児保育士と保育士の違い

では、病児保育士と一般の保育士の違いにはどのようなことがあるんでしょうか?

一般の保育士の場合、さまざまなイベントや行事がある上、大勢の子どもを見なくてはなりません。
想像以上に大変で、体力がないととても務まる仕事ではありません。

ですが、病児保育士の場合、お世話する子どもの数が少ない上、イベントや行事もないため必要な準備の必要がなく、体力的負担が重くありません。
当然ですが、預かるお子さんは病気のため外遊びの必要もなく、基本的に室内で静かに過ごすことがほとんどです。

しかも、病気が治ればお子さんは通常の保育園に戻るため、同じ保護者と継続的に付き合うこともありません。
預かるお子さんが同じということもなく、日々新しい出会いがあり精神的なストレスもありません。

病児保育士の給料事情

病児保育士を目指す方にとって、給料が気になると思います。
実際に、病児保育士は一般の保育士とそこまで給料に差がないようです。
ただ、医療法人で働く場合だと給料が高く待遇がいいと言われています。

また、休みも取りやすく非常に働きやすい職場です。

正社員の場合だと350~450万円程度となっており、サービス残業もほとんどなく持ち帰りの仕事もないため、一般の保育園と比べかなり優遇されていると言えますね。

病児保育士の活躍の場

では、病児保育士はどのような場で活躍しているのか見てみましょう。
上で申しました通り、病児保育には施設型と訪問型があります。

①施設型

施設型で働く場合、専用のスペースで病気や病気の回復期のお子さんを預かりお世話します。

対象となる年齢は乳児~未就学児もしくは小学6年生までのところがほとんどです。
場所は医療機関や保育園などに併設されていたり、病児保育専門施設も多いです。

受け入れ人数の目安としては3~10人程度のところとなっており、3人のお子さんに病児保育士1人以上という決まりがあるため、大勢をお世話することはありません。

なお、施設型の場合、医師や看護師と連携し合い病気のお子さんを預かります。

②訪問型

訪問型の方はと言うと、お子さんの自宅が仕事場です。

ただ、訪問型の場合は看護師や医師がいないため、お子さんの体調のちょとした変化をしっかりと観察し、急に容態が変わった場合の対応力が要求されます。
場合によっては医療機関へ付き添うこともあります。

病児保育士になるには

ここまで見てくると、病児保育士は非常に魅力的な仕事だということがお分かりいただけたと思います。
では、どうすれば病児保育士になることができるのでしょうか?

そもそも、病児保育士に必要な資格はなく看護師や保育士などの資格取得者が活躍している場合がほとんどです。
病気のお子さんを預かるのに何も勉強していないのは不安です。
病児保育士はお子さんを預かるのが仕事で、医療行為を行うことはありません。

ただ、お子さんの病気や治療に対する不安を和らげてあげたり、服薬の手助けを行うことがあります。
つまり、精神面のサポートをするわけですね。

そのため、お子さんの様子に変化があった時などの対応力や判断力が要求されます。
病児保育について学んでおいた方が転職や就職で有利なのは間違いありません。
そこで、取得しておくと病児保育士として働くのに役立つ資格をお教えします。

・認定病児保育スペシャリスト
・医療保育専門士
・医療保育専門士
・チャイルドマインダー
・ベビーシッター

などですね。

病児保育士として働くメリット

では、病児保育士として働くメリットについて見てみましょう。

①子どもや保護者から感謝される

保育士もそうですが、それ以上に病児保育士はお子さんや保護者から感謝されることが多いです。
働く親にとって、お子さんが病気になるということは毎日通っている保育園に預けられず緊急事態と言ってもいいでしょう。
そんな時、安心して病児保育士に病気のお子さんを見てもらえるとなれば、感謝の気持ちでいっぱいになるはずです。

②お子さんが元気になった時の充実感

病児保育士はお子さんが病気の時に預かる仕事で、元気になればお別れです。
病気でつらそうにしていたお子さんが元気になるのを見る時に充実感を味わえます。

病児保育士として働くデメリット

では、病児保育士として働くデメリットってあるんでしょうか?

①大切な命を預かるプレッシャー

病児保育士は一般の保育士と違い、病気のお子さんを預かる仕事なので急に体調が変化したりなど緊急事態に対応しなければなりません。
大切なお子さんの命を預かるプレシャーに耐えられないと続けるのは難しいでしょう。

②環境の変化が大きい

訪問型の場合に限ってですが、毎回訪問するお宅が変わるので環境の変化が大きいです。
環境の変化に柔軟に対応できないと病児保育士は務まりません。
もちろん、これらのデメリットはあるものの、それ以上にやりがいや魅力があるのが病児保育士の仕事です。
わが国では両親共働きの家庭が増えており、病児保育士の需要が高まっているのが現状です。

どうしても仕事を休むことができない保護者をサポートでき、体調が悪く不安な気持ちのお子さんをお世話する役割を持つ病児保育士。
そんな病児保育士は非常に魅力とやりがいのある素晴らしい仕事です。
キャリアアップしたい保育士の方、これまで培った子育ての経験を活かしたい主婦の方は病児保育士を目指してみてはいかがでしょうか?

あなたの知識やスキルが最大限に活かせるかもしれませんよ?

保育JOYは、関東エリアに特化した保育専門の転職サイトです。
保育業界出身のコーディネーターが最適な求人のご提案をさせて頂きます。
お気軽にお電話もしくはメールにてご連絡下さい。